耳鳴りが体調不良に

耳鳴りを予防する食生活とは

食事で耳鳴りを予防できる

不規則で偏った食習慣も耳鳴りを引き起こす原因となってしまうことをご存知でしょうか。
耳鳴りに効くとされている食材を積極的に取り入れた食事で耳鳴りを予防したいものですね。

耳鳴りが起きる直接の原因は血行不良が大きく関与しています。血管を広げるリノール酸や血行を良くするミネラル類が豊富に含まれている黒豆は非常に耳鳴りケアに良い食品です。また、耳鳴りは、耳の器官や内臓の老化が関係しているともよく言われている障害です。

黒胡麻にたくさん含まれているセサミンという成分には、この老化を防止する働きがあります。まだ老化とは縁のない30代ですが、意識して食事に取り入れてみましょう。
このように黒ごまや黒豆などの黒い食品には、耳鳴り緩和に有効な栄養素が多く含まれているためおすすめの食材です。これらの食べ物の摂取によって、耳への血流が良くなると耳の器官にも十分な酸素や栄養素が行き渡り、結果として耳鳴りの症状が和らぐことが期待できるのです。

逆に耳鳴り症状の緩和には不向きな食材があります。例えば、コーヒーの飲み過ぎは、耳鳴りを発生させたり悪化させたりすると言われています。一日に1~2杯程度の量を適度に楽しむ程度なら問題ないのですが、日に何杯もがぶ飲みするのはカフェインの過剰摂取につながるため、耳鳴り症状を悪化させる可能性があるのです。コーヒーに含まれるカフェインには、神経を刺激して興奮させる作用があり、摂取しすぎると耳鳴りの原因の一つであるところの自律神経の乱れを起こしてしまうからなのです。
また、魚介干物は体内に不要な老廃物をたくさん作り出す成分が含まれているため、結果としてリンパ液の流れ、血行を悪くする原因となり、やはりたくさん食べすぎると耳鳴り症状のためにはよくありません。
耳鳴りに良い食べ物は積極的に取り入れ、逆に悪いものは控えるなど、食事コントロールについても意識していきましょう。

Copyright © 耳鳴りで起こる体調不良. All rights reserved.